文系脳がVBAを学びたくなった時に一番初めに読むべき一冊


f:id:bookbb:20180701174758j:image

ブログ開設4日目。4記事目。

模索しながら読書ブログっぽいことをしてみようと思う。

 

今日は休みだったから色々な方のブログを読んだりして 勉強している。 

このはてなブログの使い方やブログ初心者向けの本を、誰かのブログから購入しようと思っているのにピンとくるものに辿り着けなかった。

ツイッタースマホに慣れすぎているからなのかな。

はてブがいまいち使いこなせなくて悲しい。

とりあえず「ブログチャレンジ」通りに進めていこう。

 

<ここからが本題>

 

 ある程度エクセルを使いこなせるようになると、

「それはマクロでやった方がいい」とか

VBA案件ですな」って見かけると思う。

 

そこで「VBA」検索をしたら沢山情報が出てくる。

どれもこれもピンとこないけど、どうやらプログラミングのことらしい。

なんだか便利そうだなぁと思い初心者向けの本を手に取ると、大半はPC操作を必要とするうえ分厚くて高い。

最後まで出来るかな、使いこなせるようになるのかな、

お金と時間をかける価値があるのかなって思ったときに本屋さんで見かけて、

数ページ読んで即購入を決めた本がこちら。

1時間読むだけで必要な知識が身に付くという、まったく新しいパソコン書籍シリーズです。「えっ! ? 1時間で理解できるの?」って思うかもしれませんが、エクセル VBAを使いこなすことは、操作を覚えることではありません。操作よりも「原理」や「原則」などの"仕組み"の部分を理解することが重要なのです。本書は、この「仕組み」の部分を丁寧に解説した上で、1時間で理解できることを実現します。ビジネス書を読む感覚で、手軽に手に取れる「新感覚」なパソコン解説書です。

 お値段1,058円(税込)新書くらいの厚さ。

うさんくさいタイトルだけどPC操作不要で、本当に原理がすんなりと理解できた。

何よりも読みやすい。

解説書に関しては読みやすさって凄く大事だと思う。

 

VBAは実際の操作が必須。

でも、なんだかよくわからないままお手本通りにコピペしてるだけとは、進捗度合が全然違う。

 あまりにもわかりやすいので、家のPCにはアクセスが入ってないのに、同じシリーズのアクセスも購入して会社のアクセスも多少使えるようになった私なのである。

おしまい。